生まれたばかりの子どもには虫歯菌は存在しません

生まれたばかりの子どもには虫歯菌は存在しません

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌がいないことをご存じですか? 虫歯菌は親御さんが食べ物を口移ししたり、スプーンやお箸、タオルを共有したり、またキスなどのスキンシップを行ったりすると、唾液が赤ちゃんのお口に入ることで感染してしまいます。

お子さんを虫歯から守るためには、家族全員でお口の環境を整え、虫歯菌の数を減らしておくことが大切。千葉県柏市の歯医者「なかよし歯科医院」が、子ども虫歯にさせないためのポイントをご紹介します。

虫歯をつくらないための3つのコツ

お子さんを虫歯から守るための3つのポイントをご紹介します。ふだんの生活習慣とともに歯科医院でのケアで、虫歯になる可能性を大幅に減らすことができます。

POINT1 だらだらと食べることをやめましょう

POINT1 だらだらと食べることをやめましょう

お食事やおやつを食べている間は、お口の中が汚れた状態になってしまいます。お口の中に食べカスがあるということは、虫歯になりやすい環境だということ。その時間が長くなれば、虫歯になる可能性も高くなります。そこで、だらだらと時間をかけて食事せず、時間を決めて規則正しく食べるようにしましょう。食べ終わったら歯みがきや口ゆすぎをして、お口がきれいな時間を長くすることも大切です。

POINT2 歯質を強化しましょう

POINT2 歯質を強化しましょう

乳歯が生えてきたら歯科医院へ通院をするタイミング。歯科医院では、歯質を強化する効果があるフッ素コーティングを受けましょう。ご家庭でもフッ素入りの歯みがき粉や洗口剤を使うことで歯質を強化することができます。

POINT3 仕上げみがきをしましょう

POINT3 仕上げみがきをしましょう

お子さんだけでは、しっかりと歯みがきすることはできません。みがき残しがないように、お子さんが歯みがきしたあと、親御さんが仕上げみがきをしてあげましょう。とくに夜寝る前にお口の中をきれいにすることが虫歯予防に効果的です。歯みがきや仕上げみがきは、親子のスキンシップの時間としての習慣にすることで、楽しみながら歯の健康を維持できます。

~仕上げみがきのポイント~

  • お子さんを膝の上に寝かせて、口の中がよく見えるような体勢で行いましょう。
  • 小さめで毛先の短い歯ブラシを歯面に直角にあてて、やさしくみがきましょう。
  • うがいができるようになったら、歯みがき粉をグリンピースサイズほどつけてみがきましょう。

枠

永久歯に生え替わったときに気をつけるポイント

永久歯に生え替わったときに気をつけるポイント

永久歯は6歳頃に乳歯の奥歯のさらに奥に生えはじめます。この歯は食べ物をすりつぶすはたらきをする歯で、深い溝があるので食べカスがたまりやすく、虫歯になりやすいのが特徴。大切な永久歯を虫歯にしないため、親御さんが丁寧に仕上げみがきをしてあげましょう。また歯科医院でシーラントも虫歯予防に効果的です。

歯を守るための処置

歯みがき指導

歯みがき指導

毎日の歯みがきが虫歯予防の基本です。お子さんの歯の生え方や発育段階に適した歯ブラシの選び方や正しいみがき方を指導します。親御さんには仕上げみがきのコツもお伝えしますので、毎日のケアに活かしてください。

フッ素コーティング

フッ素コーティング

歯の表面にフッ素を塗る処置です。フッ素には、歯質を強くして歯の再石灰化を促す効果があります。ごく初期の虫歯であれば再石灰化による治癒も期待できます。虫歯予防の効果を高めるには、定期的なフッ素コーティングがおすすめです。

シーラント

シーラント

通常の歯みがきでは汚れを落としにくく、虫歯になりやすい奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置をシーラントといいます。乳歯にも生えたての永久歯にも有効な虫歯予防の処置です。

歯医者嫌いにさせないようにしましょう

歯医者嫌いにさせないようにしましょう

お子さんのお口の健康のためには毎日のセルフケアが欠かせません。効率的に虫歯予防を行うには、歯医者でのプロフェッショナルケアも重要。そのための定期的な歯科検診や予防処置をするには、お子さんに通院していただかなければなりません。スムーズな通院のためには歯医者嫌いにさせないことが大切です。それにはちょっとしたコツがあるので、「来院前」「来院時」「来院後」の3つのタイミングに分けてご紹介します。

ご来院前のコツ
  • 歯医者に行くことを伝え、歯医者さんの大切さを話して、心の準備をする時間を用意してあげましょう。
  • どんな治療をするのか、わかりやすく伝えましょう。「痛くないよ」「診てもらうだけだよ」といった安易なウソでごまかすと、お子さんに不信感を与えてしまいます。
  • ふだんの生活の中で、「悪い子は歯医者に連れて行くよ」のように歯科医院を脅し文句に使わないようにしましょう。

枠

ご来院された際のコツ
  • 親御さんの緊張はお子さんに伝わります。まず親御さんがリラックスして、お子さんが安心して治療に臨める環境をつくりましょう。
  • 治療が終わったら、「よくできたね」「がんばってね」と思いきり褒めてあげましょう。次回の治療の自信につながります。
  • うまく治療できなくても叱ってはいけません。無理に治療する必要はないので、やさしく励ましてあげてください。

枠

ご帰宅された際のコツ
  • 家族みんなで思いきり褒めてあげましょう。
  • ご家族だんらんの際に、「アーン」とお口を開ける練習をしましょう。遊び感覚で楽しく治療のイメージトレーニングを行うことが大切。
  • 次の歯医者に行く予定を伝えて、心の準備を促しましょう。歯医者に行くために楽しく練習することも大切です。

枠

こんなときはどうしたらいいの?子どもの歯についてのQ&A