生まれてくるお子さんのため、きれいなお口にしましょう

生まれてくるお子さんのため、きれいなお口にしましょう

「妊娠中に歯医者さんに行ってもいいのかしら……?」といった不安を感じていませんか? 適切な治療を適切な時期に行うことは、妊婦さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんの健康にも影響します。

妊娠するとホルモンバランスや食べ物の好みが変わったり、つわりだったりと身体に変化が生じ、お口の中はトラブルを起こしやすい環境になります。そんな妊婦さんのために千葉県柏市の歯医者「なかよし歯科医院」では、マタニティ歯科をご案内しています。

妊娠性歯周炎にご注意ください

妊娠性歯周炎にご注意ください

妊娠すると女性ホルモンが増加し、唾液の分泌量が少なくなったり、炎症を抑える抵抗力が低下したりとさまざまな変化が起こります。また食生活や嗜好が変わり、つわりの影響で毎日の口腔ケアが不十分になりがち。そのため、妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

お口のトラブルの中で、とくに注意が必要なのは妊娠性歯周炎です。歯周病菌は子宮の筋肉に影響するという報告もあり、妊娠中に歯周病にかかると早産や低体重児出産の確率が高くなるといわれています。そこで適切な時期に歯科治療を受けることが大切なのです。

治療を受けるタイミング

治療を受けるタイミング

妊婦さんの歯科診療に適した時期は、妊娠安定期と呼ばれる妊娠中期(5~8ヶ月)です。この期間は通常の歯科治療を受けていただけます。妊娠初期(1~4ヶ月)は、つわりがひどく、切迫流産を起こしやすい時期ですので、歯科治療は控えたほうが無難でしょう。また妊娠後期(9ヶ月~臨月)は、いつ陣痛が起きるかわからない時期なので、産後に身体が落ち着いた段階での歯科治療をおすすめします。

つわりで歯がみがけない方へ

つわりで歯がみがけない方へ

「歯ブラシを口に入れるのがつらい」「うがいをすることもできない」という理由で、つわりの時期は口腔ケアがおろそかになりがちです。しかし、お口の中の環境が変化している妊娠時期にケアを怠れば、虫歯や歯周病の発症率も高まってしまいます。そんなときは、以下のような方法でお口のケアをしてみてください。

  • 歯みがき粉は使用せず、歯ブラシと水だけでみがきましょう。
  • 歯ブラシはヘッドの小さい物に替えましょう。
  • デンタルフロスや歯間ブラシとの併用も虫歯予防に効果的です。
  • 歯みがきができない場合は、緑茶でのうがいをするだけでもお口の中がサッパリします。
  • リンゴは繊維質の多いので、食後にリンゴを食べることで歯みがき効果が期待できます。

枠

妊娠中の歯科治療Q&A

Q1レントゲンは撮っても大丈夫ですか?
A1ご使用いただけます。歯科用のデジタルレントゲンは放射線被曝量が少なく、健康被害を心配するほどではありません。また、口元はお腹から離れていますし、防護用のエプロンを着用していただきますので、放射線が直接赤ちゃんに当たることはありません。それでも心配な方は、妊娠中は応急処置だけにとどめ、出産後に治療を行いましょう。
Q2麻酔を使っても大丈夫ですか?
A2歯科治療で使用する麻酔は局所麻酔です。全身麻酔ではありませんので赤ちゃんに影響はありません。麻酔を使わずに治療すれば痛みを感じ、そのストレスが身体に影響することがありますので、麻酔を使用して治療することをおすすめします。
Q3痛み止めを飲んでも大丈夫でしょうか?
A3基本的に妊婦さんや授乳中の方への投薬は控えますが、痛みが強い場合は産婦人科の先生と相談して痛み止めを処方することもあります。
Q4妊娠安定期の前です。歯が痛いのですがどうすればいいでしょうか?
A4この時期は胎児にとって大切な時期。本格的な歯科治療は避け、応急処置にとどめておきましょう。初期の虫歯治療や歯のクリーニングなどは問題ありません。麻酔・痛み止め・化膿止めを使用する治療や抜歯などは、時期をずらして行いましょう。

なかよし歯科医院の院内をご案内します。アクセスについてもこちらをご覧ください