奥歯の痛みは親知らずが原因かもしれません

奥歯の痛みは親知らずが原因かもしれません

親知らずは、永久歯が生えそろったあと、奥歯のその奥に生えてくる歯のことです。現代人は硬い物を食べる機会が減ったことにより顎が小さくなっているので、親知らずは人によって生えたり生えなかったりとさまざま。まっすぐ生えるスペースが足りないと、まわりの歯を圧迫して痛みが生じることもあります。奥歯に違和感がある場合は親しらずが原因かもしれません。柏市明原の歯医者「なかよし歯科医院」にご相談ください。

親知らずを抜く場合、抜かない場合

親知らずを抜く場合、抜かない場合

親知らずは、絶対に抜歯しないといけないわけではありません。まっすぐ生えていて、健康なら将来ほかの歯を失ったときに活用できる場合があります。ここでは、抜歯が必要なケースと抜歯しなくてもいい親知らずの違いについてご説明します。

親知らずを抜く場合 そのまま残す場合
  • 痛みを伴っている。
  • まっすぐ生えず、歯ブラシが届かないため、きれいに歯みがきができない。
  • 虫歯や歯周病にかかっている。
  • まわりの歯を圧迫して、歯列に悪影響を与えている。
  • 噛み合う歯がない。
  • まっすぐに生えている。
  • 噛み合う歯やまわりの歯に悪影響がない。
  • 親知らずや周辺の歯をしっかり歯みがきができ、虫歯や歯周病の心配がない。
  • 周囲の歯や歯列に悪影響を与えていない。

親知らず抜歯の流れ

STEP01 STEP02 STEP03
治療前には、痛みを抑えるために麻酔をします。 親知らずを抜歯するために、歯ぐきを切り開きます。 抜きやすくするために歯を削ったり割ったりします。歯を覆っている骨を削ることもあります。
STEP04 STEP05 STEP06
歯を動かしながら、歯の根元から抜歯します。 親知らずを抜いたら、歯ぐきを縫い合わせます。 処方された痛み止めや化膿止めを飲んでください。後日、抜糸をして治療完了です。

抜歯後の注意点

  • 抜歯当日は出血しやすいので、長時間の入浴や飲酒、過激な運動などの血流を活発にするような行為はできるだけ控えましょう。
  • 抜歯後の痛みが強くても、あまり冷やし過ぎないように注意してください。
  • 処方された薬(痛み止めや抗生物質など)は歯科医師の指示に従って服用してください。
  • 抜歯後には多少の出血があり、この血の塊(かたまり)が傷口組織の再生を促します。洗い流さないように、強いうがいなどは控えましょう。
  • 傷口が気になっても指や舌で触れないようにしましょう。

枠

なかよし歯科医院の院内をご案内します。アクセスについてもこちらをご覧ください