?>

スポーツマウスピース(マウスガード)の歴史...

info

スポーツマウスピース(マウスガード)の歴史 2015年6月1日

スポーツマウスピース(マウスガード)の歴史



世界最古のマウスガードは 1892(明治25)年頃の英国製です。

ロンドンの開業歯科医だったウォルフ・クローゼ氏がボクシング選手の求めに応じて、ゴムを用いて手作りしてあげたのが最も古い記録です。

その頃はボクシング選手もマウスガードを装着せずに試合を行っていたそうです。

歯を折ったり、顎の骨を折ったり、脳の障害なども頻回に起こして、なかには死亡する人も出たようです。

そのため、ボクシング選手達がパンチの衝撃を弱めるために上の歯と下の歯の間にゴムを入れたらどうかと歯科医師に頼みに行ったのが始まりです。

米国では 1916(大正5)年から作られるようになり、その後日本にも伝わりました。

日本でマウスガードが最初に作られたのは 1925(大正14)年のことだったといいます。

歯科医師の大久保信一氏がボクシング選手に作ってあげたそうです。



なかよし歯科医院



千葉県柏市明原4-12-21



04-7145-3375



https://www.nakayoshi-yumetaka28-dc.com/

監修者情報

監修者情報

好岡 夢貴 
医療法人社団 珠寿会 理事長
なかよし歯科医院 院長

日本歯科大学歯学部を卒業し、その後神奈川歯科大学勤務を経て2014年になかよし歯科医院を開業する。地域密着型の診療を行っており、特に歯科恐怖症の方への診療を得意としている。また、痛みの少ない治療に定評がある。