?>

なぜナイトガードをするのか?就寝中身体で起...

info

なぜナイトガードをするのか?就寝中身体で起こっていること

今日は、ナイトガードをつけて寝るとどんな良い事があるのかお話していきます。

ナイトガードは、歯ぎしり、食いしばりを対策するための装置です。 

歯ぎしりをすると、歯や顎の関節に大きな負荷がかかりますが、その噛みしめる力は、食事をする際の咬む力より何倍も強い力なのです。 

 

歯ぎしりの原因は、多くはストレスと言われており、 

そのストレスを解消する運動として起こっているもので、身体にとっては悪いことではないのですが、歯や歯茎、顎の関節などにはかなりの負荷がかかります。 

それにより、歯が割れてしまったり、顎関節が潰れたり、筋肉の動きが固定されてしまい、顎が開かなくなってしまったりと様々な不都合が生じることがあります。 

それを予防・軽減するために、当院ではナイトガードを積極的に推進しております。 

  

健康な成人のかみしめ時に奥歯にかかる力は 

最小では 約20kg 

最大では 約100kg 

その平均値はなんと約60kgと言われています。 

寝ている間に、成人男性一人分の重さが歯にのしかかっていると思うと、大変なことですよね 

 

そして、もっとも噛みしめる力が発揮されるときは 

「寝ているとき」です。 

歯ぎしり食いしばりは誰しもが行っている、一つの 

ストレス解消運動です。 

溜まったストレスを解消し身体には良い作用を促すのですが、 

歯や顎の骨、顎の関節に大きな負荷を与えます。 

長期間それが続くと、噛む時に一番大きな力を発揮する筋肉「咬筋」が発達してしまい、咬筋肥大=エラ張り顔になってしまいます。 

 

以上のことから、 

歯ぎしり食いしばりが強い方は、 

ナイトガードで歯や顎を守ることをお勧めいたします。 

薄い透明な樹脂材料で製作いたしますので、装着時の違和感はあまりございません。 

 

保管方法についてですが、 

ナイトガードの材料である樹脂は熱に弱いので、 

夏の暑い車内や暖房器具の近くなど、暑い場所に放置してしまったりすると変形の恐れがございます。 

使用後は、清潔に洗い、水気をとった後、専用ケースで保管しましょう。 

詳しい保管方法については、こちらの記事を確認ください。

なかよし歯科医院では、

『スポーツマウスピース』 
『ナイトガード』 
『顎関節用マウスピース』 
『ホワイトニングマウスピース』 
『マウスピース矯正』 
といったように、 

マウスピースを使用した歯科治療に力を入れております。 
ご興味がある方は、なかよし歯科医院までお気軽にお問い合わせ下さい。 

  

 
《なかよし歯科医院》 
〒277-0843 
千葉県柏市明原4−12−21 
TEL▶︎ 04-7145-3375 
メールアドレス▶︎ nakayoshi.yumetaka28.dc@gmail.com 
ホームページ▶︎ https://www.nakayoshi-yumetaka28-dc.com/ 

監修者情報

監修者情報

好岡 夢貴 
医療法人社団 カムイ会 理事長
なかよし歯科医院 院長

日本歯科大学歯学部を卒業し、その後神奈川歯科大学勤務を経て2014年になかよし歯科医院を開業する。地域密着型の診療を行っており、特に歯科恐怖症の方への診療を得意としている。また、痛みの少ない治療に定評がある。