生まれてくるお子さんのため、きれいなお口にしましょう

生まれてくるお子さんのため、きれいなお口にしましょう

「妊娠中に歯医者さんに行ってもいいのかしら……」といった不安を感じていませんか? 妊娠するとホルモンバランスや食べ物の好みが変わったり、悪阻(つわり)が起きたりと身体に変化が生じやすくなります。お口の中はトラブルを起こしやすい環境となるため、とくに妊娠中のお口の中のトラブルには注意が必要です。

そんな妊婦さんのお口の健康を守るため、千葉県柏市の歯医者「なかよし歯科医院」ではマタニティ歯科にも力を入れています。

妊娠性歯周炎にご注意ください

妊娠性歯周炎にご注意ください

妊娠初期は、つわりによってお口の中の清掃状況が働きにくくなります。小分けにして食べたり、吐いたりすることで口の中が酸性に傾き、虫歯になりやすい環境となります。それに加え、つわりの影響で毎日の口腔ケアが不十分になりがちで、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

また、つわりがない人でも女性ホルモンの影響で唾液の量が少なくなり、自浄作用が低下するほか、妊娠するとエストロゲンが活発化するため虫歯や歯周病になりやすくなります。

とくに「妊娠性歯肉炎」には注意が必要で、歯周病に移行してしまうと場合によっては早産や低体重児出産につながることもあるので、決して軽視はできません。妊娠性歯肉炎は、妊娠初期~中期のはじめ(妊娠5~20週目くらい)から歯茎が腫れたようになり、進行すると歯周病へ移行して出血することもあります。

また、妊娠後期になると症状が強まったり口臭や口内炎、虫歯を引き起こしたりすることがあります。

歯周病を引き起こすメカニズム

妊娠中はエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が盛んになり、エストロゲンを好む「Prevotella intermedia(プレボテラ・インターメディア)」という歯周病の原因となる細菌が口内に増えることが大きな一因となっています。

歯周病が進行するのに伴い他の細菌も増えますが、とくに注意が必要なのは「Porphyromonas gingivalis(ポルフィロモナス・ジンジバリス)」という歯周病菌です。歯茎の血管から体内に入り、子宮内に達すると免疫細胞が過剰に反応し、子宮を収縮させるホルモンが急激に増えることから早産や低体重児出産を招くことにもなりかねません。

さらに、「妊娠性エプーリス」という良性の歯肉種が引き起こされる可能性も。歯茎がポリープ状に膨らみ、大きくなると食事中に噛んでしまうこともあります。分娩後は小さくなることがほとんどですが、その大半が歯周病を伴うため治療が必要です。

妊娠前の歯科検診

妊娠前の歯科検診

可能であれば妊娠を望んだときから、とくに異常がなくても定期的な歯科検診を受けておくことをおすすめしています。妊娠前に虫歯や歯周病の治療、親知らずの抜歯などを行うことが可能です。

お口の健康な状態を保つことで、早産・低体重児出産のリスクを減らしたり、産後も育児中にお子様に細菌が移るリスクを減らしたりすることができます。病原菌の少ない口腔内環境で育児を行うためにも、早めに歯科医院を受診しましょう。

妊娠中の歯科検診

妊娠中は全く歯科治療ができないかというとそうではありません。当院では、妊娠週数や体調によって様子を見ながら治療をすることができます。

妊婦さんの歯科診療に適した時期は、妊娠安定期と呼ばれる妊娠中期(5~8ヶ月)です。この期間は通常の歯科治療を受けていただけます。妊娠初期(1~4ヶ月)はつわりがひどく、切迫流産を起こしやすい時期ですので、歯科治療は控えたほうが無難でしょう。

とくに大きな虫歯や簡単が外科処置などで麻酔が必要な場合は、妊娠初期は器官形成期など胎児の成長に大切な時期になりますので、つわりが減り体調が安定しやすい妊娠中期(安定期)に入ってから治療を行います。

妊娠後期になるとお腹が大きくなってくるので、診療台を倒しての治療は難しくなりますが、当院では座った状態での治療も可能ですのでご相談ください。

マタニティマウスピース(妊娠中の歯ぎしり・食いしばり / 分娩時の食いしばり)

マタニティマウスピース(妊娠中の歯ぎしり・食いしばり / 分娩時の食いしばり)

人間はストレスが加わると、寝ている間にそのストレスを発散しようと、歯ぎしりや食いしばりをすることがあります。上下の歯を擦り合わせることで歯が削れてしまい、さらに食いしばりしやすい噛み合わせになってしまうため、早めのケアが重要です。

対策としては、就寝中にマウスピースを着用し、上下の歯が削れるのを防ぎます。妊娠中は体調や環境が変わり、ストレスを受けやすくなるため、歯ぎしりや食いしばりが増える傾向にあります。とくに妊娠中もお仕事をしている方は周りへの気遣いや通勤のストレスなどが加わり、その傾向はより強くなるため注意しましょう。

妊娠初期はとくにお口の中の清掃状況が悪くなるため、歯磨きをしっかりしてからマウスピースをつけるようにしましょう。歯磨きによって気持ち悪くなってしまう場合は、歯磨き粉をつけずに磨き、こまめに口をゆすぎます。妊娠中期や妊娠後期にかけては、問題なくマウスピースを着用できるでしょう。

ただし、つわりなどでお口の中に物を入れると気持ち悪くなってしまう場合は、無理につけないようにしましょう。とくにつわりの時期は歯磨きが十分に出来ないこともあるため、マウスピースをつけてしまうと虫歯や歯周病のリスクが高まります。

日中も装着して問題ないですが、日中よりは夜間に歯ぎしり・食いしばりが増える傾向にあります。しっかり歯磨きをした後、夜間に使用するナイトガード(就寝時マウスピース)と同じ要領で使うのがよいでしょう。

つわりで歯がみがけない方へ

つわりで歯がみがけない方へ

「歯ブラシを口に入れるのがつらい」「うがいをすることもできない」という理由で、つわりの時期は口腔ケアがおろそかになりがちです。しかし、お口の中の環境が変化している妊娠時期にケアを怠れば、虫歯や歯周病の発症率も高まってしまいます。そんなときは、以下のような方法でお口のケアをしてみてください。

  • 歯みがき粉は使用せず、歯ブラシと水だけでみがきましょう。
  • 歯ブラシはヘッドの小さい物に替えましょう。
  • デンタルフロスや歯間ブラシとの併用も虫歯予防に効果的です。
  • 歯みがきができない場合は、緑茶でのうがいをするだけでもお口の中がサッパリします。
  • リンゴは繊維質の多いので、食後にリンゴを食べることで歯みがき効果が期待できます。

枠

妊娠中の歯科治療Q&A

Q1妊娠中のレントゲン撮影と麻酔使用について
A1

歯科治療では通常レントゲン撮影を行いますが、X線を照射するのは首から上の部分でお腹から離れており、必ず防護エプロンも着用します。妊婦さんの身体や赤ちゃんには全く影響はありませんのでご安心ください。

ただし、当院では妊娠中で不安な方にはレントゲン撮影は避けて治療を行っていますので、気になる場合は遠慮なくご相談ください。麻酔は安定期に入れば使用できますので、麻酔が必要な大きい虫歯などはこの時期に治しておくのがおすすめです。

妊娠週数によって治療の仕方も症状も変わってくるため、当院では患者さんとお話しながら治療を進めていきます。些細な不安やお悩みでも、遠慮なくご相談ください。
Q2痛み止めを飲んでも大丈夫でしょうか?
A2基本的に妊婦さんや授乳中の方への投薬は控えますが、痛みが強い場合は産婦人科の先生と相談して痛み止めを処方することもあります。
Q3妊娠安定期の前です。歯が痛いのですがどうすればいいでしょうか?
A3この時期は胎児にとって大切な時期。本格的な歯科治療は避け、応急処置にとどめておきましょう。初期の虫歯治療や歯のクリーニングなどは問題ありません。麻酔・痛み止め・化膿止めを使用する治療や抜歯などは、時期をずらして行いましょう。

なかよし歯科医院の院内をご案内します。アクセスについてもこちらをご覧ください