口腔がんとは?

口腔がんとは?

皆さん、『口腔がん』を知っていますか?

『口腔がん』とは、お口の中、舌や歯肉、顎骨、頬粘膜、口蓋などに発生するがんのことで、日本では年間約10,000人以上の方が罹患しています。

五大がんと言われる、肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がんなどは健康診断や人間ドックでも検査される項目になっているので、知っている方は多いかと思いますが、口腔がんの認知はまだまだ低いように思います。

昨今、健康意識の向上により、健康診断や人間ドックを受けられる方は増加していますが、口腔がんはそれでは分かりません。お医者さんはお口の中まで見ませんし、その上、歯医者さんに通う習慣があまりない日本人にとっては、より発見が遅れる原因になっていると思われます。
しかし、口腔がんは他のがんに比べると、直接肉眼で確認しやすく、組織検査もしやすいので、実は早期に発見しやすく、早期に適切な治療を受ければ、しっかり治るがんなのです。
早期がんの5年生存率は90%ですが、進行がんでは50%まで低下してしまいます。治療しても、重い機能障害が残ることが多いです。

『口腔がん』のチェックができるのは歯科医院だけなので、定期検診はとても重要です。

口腔がんの症状について

口腔がんの症状について

口腔がんの症状としては、代表的なものだと以下のものが挙げられます。

  • 舌が歯肉から出血がある
  • 硬いしこりや潰瘍がある
  • 口の中が腫れて入れ歯が合わない
  • 舌が動かしづらい、物が噛みづらい
  • 口の中(舌や頬など)に痺れがある

しかし、口腔がんの症状は個人差によるところが大きく、これらの症状が出るのはかなり進行してしまった後だったり、自覚症状が少ない人も多いです。

日頃から歯科医院でしっかりお口の中をチェックしてもらい、次の項目に挙げる『初期症状』があった場合などは歯科医師に申告するようにしましょう。

知っておきたい初期症状と危険な生活習慣

初期症状

口腔がんの初期症状としては、以下の3つが挙げられます。

①なかなか治らない口内炎
通常の健康状態であれば、口内炎は1~2週間で治ります。それ以上の経過が長い口内炎や、口内炎のお薬を塗ってもなかなか治らないなどの場合は、一度チェックする必要があります。

②白板症(白斑)
がんの前段階として、舌や頬粘膜、歯肉などの一部が白くなることがあります。がん化した後も白くなってることもあります。ただし、金属アレルギーなど、他の要因の場合もあるので、鑑別が必要です。

③紅板症(赤斑)
白板症より症状が進むと、今度は赤くなってくることがあります。紅板症は、前癌状態と言われ、約半数ががん化します。しっかり処置をする必要があります。

危険な生活習慣

主な原因

口腔がんは、口腔内衛生状態が悪かったり、常に口の中の粘膜に刺激がある場合、あるいはお酒や喫煙をする事が原因のことが多いです。
口の中の粘膜が傷付くことにより、細胞ががん化しやすいのです。
自分が口腔がんのリスクが高いのかどうか、知っておいて損はありません。

以下の10項目をチェックしてみましょう。

~主な原因10項目~

  • 1日にタバコを10本以上吸う習慣がある
  • タバコや葉巻、パイプをよく吸う
  • 50歳以上で、お酒を飲むときにタバコも吸う
  • アルコール度数の高いお酒をよく飲む(ウォッカ、焼酎など)
  • お酒が弱い、お酒を飲むと顔がすぐ赤くなる
  • 歯磨きをあまりしない、入れ歯をあまり洗わない
  • よく食事中に舌や頬を噛んでしまう、あるいは傷になっている
  • 入れ歯が合わなかったり、詰め物が当たって痛みがある
  • 偏食気味である(ビタミン、鉄分不足)
  • 今までにがんになった事がある

枠

日ごろから気をつける事

喫煙・飲酒

喫煙・飲酒
タバコとお酒が口腔がんの最大のリスクになりますので、控えるようにしていきましょう。タバコを吸う人は吸わない人の約7倍、お酒を飲む人は飲まない人の約6倍、口腔がんの発生リスクが高まります。また、タバコとお酒は相乗効果があるので、両方習慣がある人は特に要注意です。

噛み合わせに違和感・歯の痛みの放置

噛み合わせに違和感・歯の痛みの放置
合わない入れ歯、壊れた入れ歯、壊れた被せ物、虫歯(被せ物が外れたままの歯、欠けてる歯なども含む)の長期間の放置などは、口の中を傷付けますので、なるべく早く治療をするようにしましょう。

その他

その他
歯磨きやうがいなどをこまめにして口の中を清潔に保つことも重要です。

偏食をせずにバランスの良い食事をすることも大切です。また、熱い食べ物や辛い刺激物もお口の中の粘膜を傷付けることがあるので、好んでよく食べる人も比較的気を付けなければなりません。

口腔がんのセルフチェック

口腔がんのセルフチェック

定期的にお口のセルフチェックを行い、早期発見につなげましょう。

2週間以上治らない口内炎や潰瘍がある
口の中に硬いしこりがある
口の中に出血しやすいところがある
口の中や唇などに痺れがある
口の中が腫れ、入れ歯が合わなくなった
口の中に、部分的に白斑や紅斑がある
歯がぐらついている
歯を抜いた後に治りが悪い
首や顎下のリンパ節の腫れが続いている
口の中の悪臭がある

枠

いくつ当てはまりましたか?
当院なかよし歯科医院では『口腔がん検診』をしています。
皆さんは普段、歯磨きをしていても鏡を見なかったり、お口の中をなかなかじっくり見る機会がないかもしれません。
口腔がんは、早期発見・早期治療が肝になってくる病気です。
少しでも気になるところがあれば、定期的に歯科医院を受診して、不安を取り除きましょう。