就寝時に使うマウスピース「ナイトガード」

顎の痛み

起床時に顎に疲れを感じる、顎の関節やこめかみに痛みを感じるという方には、就寝中に装着するマウスピース「ナイトガード」がおすすめです。食いしばりや歯ぎしりなどは、寝ている間に無意識に行っていることもあり、それが原因で歯が擦り減ってしまったり、顎関節症になってしまったりすることがあるためです。また、歯に強い力がかかると歯周病が進行してしまう恐れもあります。

このような症状でお悩みなら、ぜひ当院までご相談ください。内容によっては保険診療の範囲内で製作可能なので、比較的少ない負担額でおつくりすることもできます。また、院内で製作するため、最短でご来院いただいた日にナイトガードをお渡しすることも可能です。

多くの方に選ばれている入れ歯治療

入れ歯

歯を失ってしまったときの治療で、多くの方に選ばれているのが入れ歯治療。患者さんの中には「入れ歯は痛くて、よく噛めない……」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。しかし、そのような不具合はサイズが合っていなかったり、噛み合わせがずれていたりすることで起こりますので、入れ歯がお口にぴったり合っていれば解決できるはずなのです。

合わない入れ歯でガマンしていると、噛み合わない部分のお口の粘膜が腫れたり、噛む刺激が伝わらないので顎の骨が痩せてしまったりすることがあります。結果的に、入れ歯がどんどん合わなくなってしまうのです。入れ歯でお悩みでしたら、当院にご相談ください。

PICKUP歯科技工士と連携をとり、精度の高い入れ歯を実現します

笑顔の老夫婦

入れ歯は、それぞれの患者さんのお口にぴったり合ったものを作る必要があります。そこで当院では、毎週水曜日に入れ歯専門の技工所「ユリア・デンタル」の吉田所長に来院いただき、患者さんのご要望をお聞きしながら、一人ひとりのお口に合わせてその場で調整を行っています。

多くの医院では歯型を採取後、技工所で模型を使って入れ歯を作成します。そのため患者さんの顔や口の形、笑い方、歯ぐきの色、残った歯や顎の状態を確認できません。

しかし、患者さん一人ひとりによって状態は千差万別なので、本来であれば技工士が直接見ながら製作すべきだと考えています。そこで当院では技工士が立ち会い、最適な色とぴったり合った形の入れ歯をオーダーメイドでお作りします。ご自身のお口に合った精度の高い入れ歯で、毎日のお食事やおしゃべりを楽しみましょう。

枠

当院の入れ歯がご満足頂いている理由

精密な型取りでお口に合う入れ歯をご提供

製作中の入れ歯

入れ歯の方を取るときに通常は、海草の寒天から作られた印象材と呼ばれるものを使用します。寒天印象材は水分量が多いためちぎれやすく、時間が経つと変形しやすいという欠点があります。それだけに精度が悪くなり、歯と詰め物や被せ物との間に隙間ができて、虫歯などの原因となることもあります。

そこで当院では、精度が高い入れ歯を作ることができる「シリコン印象材」を使用しています。シリコンの印象材は型を取った後に変形することは無く、患者さんのお口の状態を正確に再現することができます。寒天の印象材と比べると再現性や精度が段違いです。
その結果、皆様のお口にしっかりと合った入れ歯を作ることができます。

枠

保険と自費の入れ歯の違い

考えている女性

歯科治療には保険診療と自費診療がありますが、大きな違いは使用する素材です。保険診療の場合は素材も製作方法も限定されていますが、自費診療の入れ歯の場合はさまざまな素材から選択することができます。保険治療に比べて費用は高くなりますが、見た目や使用感、装着感は自費診療の入れ歯の方が優れています。保険診療と自費診療の比較は以下のとおりです。

保険診療の入れ歯   自費診療の入れ歯
保険診療で定められた色・形しか選択できません 人工歯の色・形 バリエーションが豊富で、より自然な見た目の入れ歯を選択できます
レジン(歯科用プラスチック) 床の種類 金属、シリコンなどバリエーションが豊富です
厚みがあるので多少の違和感があります 装着時の感覚 薄く小さくつくることができるので違和感が少なめです
少し劣ります 強度 高い強度です
あまり期待できません 噛み心地 比較的よく噛めます

入れ歯のお手入れ方法

STEP01
水洗い
STEP02
汚れを落とす
STEP03
洗浄剤に浸ける
STEP04
水洗い
STEP01水洗い STEP02汚れを落とす STEP03洗浄剤に浸ける STEP04水洗い
お口から入れ歯を取り外したら、流水で軽く汚れを洗い流します。 研磨剤の入っていない入れ歯専用洗剤を使用し、ブラシで丁寧に食べカスを落とします。 専用の入れ歯洗浄剤に最低でも30分ほど浸けます。汚れがひどい場合は一晩浸けておきましょう。 すすぎ残しがないように、流水で洗浄剤をよく洗い流してから入れ歯を装着しましょう。

取り扱い入れ歯(義歯)のご紹介

レジン床義歯
レジン床義歯 床部分がレジンでつくられた保険適用の入れ歯です。

【メリット】

  • 保険適用なので費用を抑えられます。
  • 短期間で製作することができます。
  • 加工・調整・修理が比較的簡単です。

【デメリット】

  • 硬い食べ物が噛みにくいことがあります。
  • 床に厚みがあるので、装着感がよくありません。
  • 入れ歯とわかりやすい見た目です。
  • 耐久性が高くありません。
料金 保険適用
金属床義歯
金属床義歯 床部分が金属でできている自費診療の入れ歯です。

【メリット】

  • 床の部分を薄くつくれるので、フィット感に優れているため違和感が少なめです。
  • 食べ物の温度を感じやすいので食事を楽しめます。
  • 耐久性が高くなっています。
  • 汚れがつきにくい素材です。

【デメリット】

  • 金属アレルギーの心配があります。
  • 自費診療のため、比較的高価です。
  • レジン床義歯に比べて修理は難しいといえます。
料金(税別) 1顎:200,000円
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 歯ぐきにあたる部分に弾力性のある素材を使った、バネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です。

【メリット】

  • バネがないため、入れ歯が目立ちません。
  • まわりの健康な歯に負担をかけません。
  • フィット感、審美性に優れています。
  • 弾力性があり、壊れにくい素材です。
  • 金属アレルギーの心配がありません。

【デメリット】

  • 歯の欠損状態により、つくれないことがあります。
  • 激しい温度変化に弱い素材です。
  • 金属床に比べると温度が伝わりにくい素材です。
  • 自費診療なので比較的高価となります。
料金(税別) 小:120,000円
大:150,000円

ブリッジという選択肢

ブリッジ模式図

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。
その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。

料金(税別)

ホワイトクラウンブリッジ 150,000円~(本数によって変動)
ジルコニアブリッジ 210,000円~(本数によって変動)

PICKUP最短で当日にナイトガードをお渡し可能になりました!

28デュアルフォーマー_A_

歯ぎしり・食いしばりを予防するナイトガードを製作できる、大榮歯科産業の機器「デュアルフォーマー」を導入しました。

デュアルフォーマーを利用すれば、精密なナイトガードを午前中に印象を採取して午後にお渡しすることも可能です。

院内で印象から製作までできる環境が整っていますので、お気軽にご相談ください。

枠

なかよし歯科医院の院内をご案内します。アクセスについてもこちらをご覧ください