歯並びは笑顔を引き立てます

歯並びの乱れは見た目だけではなく、歯が重なり合っている部分の歯みがきがしずらかったり、汚れが溜まりやすかったり、虫歯や歯周病のリスクも高くなります。そのほかにも食べ物を細かく噛み砕くことができなかったり、発音が不明瞭になったり、顎の発達に悪影響を与えたり、顔や身体がゆがんでしまったり、さまざまな悪影響をおよぼすのです。千葉県柏市の歯医者「なかよし歯科医院」では、歯並びや噛み合わせを改善するための矯正歯科治療にも対応しています。

歯並びチェックしませんか?

あなたの歯並びは大丈夫でしょうか? 鏡の中のあなたやお子さんの口元と下の絵を見比べてください。それぞれ詳しい説明はクリックすると表示されます。

  • 上顎前突
  • 反対咬合
  • 上下顎前突
  • 交叉咬合
  • 空隙歯列
  • 叢生
  • 過蓋咬合
  • 開咬
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」と呼ばれる噛み合わせで、上の前歯が大きく前に突き出していたり、上の歯列全体もしくは上顎が大きく前に出ていたりする状態です。遺伝のほか、顎の成長のバランスのくずれ、指しゃぶり、口呼吸などさまざまな原因が考えられます。

反対咬合(はんたいかいごう)

反対咬合(はんたいかいごう)

いわゆる「受け口」と呼ばれる噛み合わせで、下顎が大きく前に出ている状態です。下顎の過度の成長や上顎の成長不足など骨格に問題がある場合と、上の歯が後方に傾斜して起こる場合があります。発音が不明瞭になったり、噛む力が弱くなったりします。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の前歯が前に突き出ている状態です。口元が突出するので唇が閉じにくく、見た目があまりよくありません。また転倒したときなどに前歯が折れやすく、唇や口腔内を傷つけやすいといった特徴もあります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯並びが部分的に左右にずれて、交叉している状態です。咀嚼(そしゃく)時に奥歯で物をすりつぶす動きがうまくできないことがあります。また前歯の中心がずれたり、顔がゆがんだりする恐れがあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

前歯の歯と歯の間にすき間が空いているいわゆる「すきっ歯」で、正中離解(せいちゅうりかい)ともいいます。顎の大きさに対して歯が小さかったり、歯の本数が少なかったりすると発生します。食べ物が挟まりやすい歯並びで、とても目立ちます。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯の生える向きや位置が悪く、歯列がデコボコにずれたり、歯が重なり合ったりしている状態です。「八重歯」もこの一種。歯が顎のスペースに対して大きいことで歯列がきれいに整わないことにより生じます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

深い噛み合わせで、下の歯が見えないくらいに上の歯列が覆い被さっている状態です。「オーバーバイト」と呼ばれます。噛み込みが深いため、歯ぐきを歯で傷つけやすいだけでなく、物が噛みづらくなり、発音に影響する場合もあります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

「オープンバイト」とも呼ばれ、噛み合わせたとき上下の歯の一部にすき間ができる状態のことです。前歯が開いてしまう場合、食べ物を噛み切れなかったり、発音が不明瞭になったりします。指しゃぶりが原因となることが多いようです。

矯正治療するメリット

  • 歯列が整い、歯みがきがしやすくなるので、虫歯や歯周病の予防につながります。
  • 食べ物をきちんと咀嚼(そしゃく)できるので、消化器官に過度の負担をかけずにきちんと栄養補給ができます。
  • 見た目がきれいになるので、笑顔に自信が持てるようになります。
  • 明瞭な発音ができるようになり、滑舌が改善されます。
  • 悪い噛み合わせが原因の頭痛やめまい、肩こりの症状の改善が期待できます。

枠

当院では矯正の専門医と連携をしています。 歯並びに関するお悩みは、安心してご相談ください。

なかよし歯科医院の院内をご案内します。アクセスについてもこちらをご覧ください