根管治療

  • TOP
  • 根管治療

endo

歯を残すための根管治療

千葉県柏市明原の歯医者「なかよし歯科医院」が、根管治療について解説いたします。

根管治療とは、虫歯に侵された歯の神経を取り除き、神経などが通る管(根管)をキレイに掃除する治療法です。歯の神経にまで進行した虫歯は抜歯の対象となる場合もありますが、根管治療を行えば歯の根っこが残り、上から被せ物を装着するだけで済ませることも可能です。

根管治療が必要なケース

  • 冷たいものや温かいもので歯が痛む
  • 噛むときに歯が痛む
  • 歯ぐきが腫れ、押すと痛む
  • 何もしていなくても痛みがある

上記のような症状がみられる場合は、虫歯が神経にまで進行してしまっているおそれがあります。この状態を放置するといずれ抜歯を検討しなくてはならなくなるため、大切な歯を守るためにも早めの根管治療をおすすめいたします。

根管治療済みの歯も治療が必要な場合がある

根管治療済みの歯も治療が必要な場合がある

過去に根管治療を施された歯であっても、治療が不十分な場合は再感染のリスクがあります。また、治療が十分だったとしても、数年経過し、免疫が弱まったりなどのタイミングでの再感染も起こり得ます。治療後の根管が再び感染すると、根管に膿が溜まって袋状になる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」などが引き起こされます。この根尖病巣が形成される過程では、膿の袋が歯根の先の骨を溶かしながら、少しずつ大きくなっていきます。
この場合は再び根管治療を行い、根管内部の虫歯を徹底的に除去しなければなりません。ただし、膿の袋が大きくなりすぎてしまうと、治療後の予後が悪くなる可能性が高くなってしまうので、なるべく早い治療が肝となってきます。

痛みがなくても治療が必要な場合がある

痛みがなくても治療が必要な場合がある

根尖病巣は痛みを伴わない場合が多く、自覚症状はほとんどありません。健康な歯に悪影響がなければただちに治療を行う必要はありませんが、「痛みがない=治療がいらない」と判断するのは危険です。治療の要不要を判断するためには、歯科医師による診断が必要です。痛みがないからといって放置せず、定期検診を受けるようにしましょう。

根管治療は「正確な診断」と「精密な治療」が重要!

根管治療は「正確な診断」と「精密な治療」が重要!

歯の神経が通る根管内部は複雑な構造をしており、非常に精密な処置が求められます。従来の根管治療では「歯科医の経験や勘が頼り」とされてきましたが、それでは信頼性を担保できなくなってしまいます。

当院では、根管の内部構造を立体的に撮影可能な歯科用CTやルーペ(拡大鏡)を導入しております。肉眼では見えない部分までしっかりと可視化することで、正確な診断と精密な治療を実現。拡大視野でライトで照らしながら、より確実で安全性の高い治療をご提供いたします。

根管治療Q&A

Q根管治療にかかる回数や時間を教えてください

A

治療回数は歯の状態によっても異なりますが、一般的には2~3回の通院で完治します。ただし、過去に根管治療を施した歯は複雑な治療が必要となるため、3~4回が目安です。1回あたりの治療時間は、およそ20~30分となります。虫歯の状態や治療内容によって治療回数・時間は異なりますので、くわしくはお気軽にお問い合わせください。

Q根管治療を受けた後、再発することはありますか?

A

根管治療後の歯は抵抗力が弱まるため、虫歯の感染リスクが高まります。また、歯の神経がないため発症しても痛みを感じづらく、知らぬ間に症状が進行してしまうことも少なくありません。根管治療後の歯を守るためにも、今まで以上に丁寧なセルフケアや歯科医院の定期検診を心がけましょう。

Q治療後のメンテナンスは必要ですか?

A

根管治療後の歯は神経や血管が取り除かれた状態で、以前より脆く弱くなっているため、再感染の早期発見のためにも、歯科医院での定期検診や予防処置をおすすめしております。歯みがきなどのセルフケアに加えて、ぜひご検討ください。

Q根管治療の成功率を教えてください
A

歯の状態によっても異なりますが、全体としての成功率は90%以上です。ただし、根管治療後の歯は再発リスクが高いため、結果的には60%程度に下がってしまいます。

根管内は非常に複雑で微細な構造をしているため、高度な技術と設備が必要です。当院では再発を防ぐため根管長測定器やルーペ(拡大鏡)を用いた精密な治療を行っておりますので、安心しておまかせください。

Q根管治療をしたのに、まだ歯が痛みます。これは失敗ですか?

A

根管治療の成功率は、初回ですと90%以上にもなりますが、稀に先端の方が網状根管になっていると、治療器具が到達できずに一部神経が取りきれないケースがあります。その場合は、薬剤の力を借りて神経を失活させて痛みを感じなくさせる治療を行います。その他にも、歯が痛む原因はさまざまありますので、痛みが続く場合はお早めに当院までご相談ください。再治療を行うことで完治する見込みがあります。

Q根管治療後の歯の寿命はどれくらいですか?

A

根管治療をした歯の寿命は、一般的には10~20年と言われておりますが、毎日のセルフケアや歯科医院での定期検診、予防処置などのメンテナンスでいかようにも延ばすことができます。実際にそれ以上の期間、割れたり抜けたりせずに残っていることも多いです。しっかりとメンテナンスを行えば根管治療後の歯を長持ちさせることができますので、予防の意識を忘れないようにしましょう。

Q他院で抜歯と診断されたのですが、歯を残すことはできますか?

A

診断してみないと確実なことは言えませんが、たとえ重度の虫歯でも、根管治療を行うことで歯を残せる可能性は十分あります。抜歯してしまう前に、まずは実際にお口の状態をお見せいただければ出来る限り残してあげられるよう努力したいと思いますので、ぜひお気軽にご来院ください。

根管治療後の歯は、虫歯リスクが高まっている状態です。毎日の歯みがきにプラスして、歯科医院でメンテナンスを受けましょう。