ナイトガード

  • TOP
  • ナイトガード

lost

就寝時の歯ぎしり防止に「ナイトガード」

千葉県柏市明原の歯医者「なかよし歯科医院」では、就寝中の歯ぎしり・食いしばり対策として「ナイトガード」をご提案しております。

起床時に顎に疲れを感じる、顎の関節やこめかみに痛みを感じるという方は、就寝中に無意識に歯ぎしり・食いしばりをしている可能性が考えられます。歯ぎしり・食いしばりを放置していると歯がすり減る、顎関節症になるなどのリスクがあります。また、歯に強い力がかかることで歯周病が進行してしまうおそれも。

就寝時の歯ぎしり防止に「ナイトガード」

このような症状でお悩みの方は、ぜひ当院までご相談ください。当院では院内でナイトガードを製作しておりますので、最短即日にお渡しすることも可能です。

ナイトガードの治療は保険診療で可能なため、費用も抑えられます。

歯ぎしり・食いしばりが与える影響

顎関節症 歯の摩耗・亀裂 歯ぐきや骨への影響
顎に強い負荷がかかることで、顎の関節やこめかみが痛む、口を大きく開けられなくなるなど顎関節症が起こることがあります。悪化すると食事を満足に摂れなくなることもあるため、早めのケアが肝心です。 上下の歯が擦り合わさることで歯が摩耗したり、大きな負荷がかかること亀裂が入ったりすることもあります。また、歯が痛む、歯がしみるといった症状が起こることも。 歯ぎしりの負荷によって歯と歯ぐきの間の隙間が広がると、歯周病が悪化してしまいます。また、歯槽骨にまで負荷がかかると、やがて歯がグラグラしはじめるおそれもあります。
骨隆起 頭痛・肩こり 歯並び・噛み合わせへの影響
顎の骨に強い力がかかることで、骨がこぶ状に隆起することがあります。健康への悪影響はないものの、入れ歯の邪魔になるおそれがあります。 顎から首、肩にかけての筋肉が緊張し、頭痛や肩こりを感じる場合もあります。 歯ぎしりや食いしばりをそのままにしていると、歯並びや噛み合わせにも悪影響がでます。また、顎の筋肉が発達してエラが張っているように見えたりと、見た目の印象に影響がでることもあります。
歯ぎしりセルフチェック
  • 家族や恋人から歯ぎしりを指摘された
  • 集中したときや、緊張したときに顎を噛み締めるクセがある
  • 起床時、奥歯が痛むことがある
  • 起床時、顎や頬の筋肉が張っていることがある
  • 歯が欠けた
  • 詰め物・被せ物が欠けたり、割れたりした
  • 歯がすり減っている
  • 頬の内側に線がある
  • 舌のまわりがデコボコしている
  • 歯がしみる
  • 慢性的な肩こりや頭痛、腰痛がある

3つ以上当てはまった方は注意が必要。症状が進行する前に、ぜひ当院までご相談ください。

ナイトガードの効果

就寝時にナイトガードを装着すると、以下のような効果を期待できます。

  • 歯のすり減りや、割れるのを防ぐ
  • 詰め物・被せ物の破損を防ぐ
  • 歯並びの乱れを防ぐ
  • 顎の関節への負担を軽減する
  • 肩こりや頭痛、腰痛を軽減する
  • 小顔効果

最短当日にナイトガードをお渡しできます

最短当日にナイトガードをお渡しできます

当院では、院内でナイトガードを製作できる、大榮歯科産業の「デュアルフォーマー」を導入しております。型取り~製作までのすべての工程を院内で行うことができ、よりスムーズなお渡しが可能となりました。

デュアルフォーマーなら午前中に型取りを行い、当日午後にはお渡しすることも可能です。マウスピースは保険適用となりますので、費用を抑えながら精密なナイトガードをご提供できます。

歯ぎしり・食いしばりにお悩みの方は、ぜひ「なかよし歯科医院」までお気軽にご相談ください。