歯周病治療

  • TOP
  • 歯周病治療

perio

「歯周病」という生活習慣病

千葉県柏市明原の歯医者「なかよし歯科医院」が、歯ぐきや歯槽骨をはじめとする歯周組織に炎症が起こるおそろしい病気「歯周病」について解説いたします。

歯周病は、一般的に年配者に多いとされておりますが、実は20代の方でも罹患している方は多く、成人の80%の方が歯周病に罹患していると言われております。生活習慣や食習慣と密接な関わりがあり、「生活習慣病」のひとつとして挙げられることもあります。歯周病の原因そのものは「歯周病菌」と呼ばれる菌ですが、発症には食事の時間や栄養バランス、歯みがき習慣などが大きく関係しているのです。

また、糖尿病や高血圧など、その他の「生活習慣病」とも関係性があることがわかっています。歯周病は全身の健康維持のためにも、無視できない病気なのです。

歯周病の原因

歯周病の原因

口腔内には、およそ400~700種類もの細菌が棲んでいます。これらが普段から悪さをすることはありませんが、歯みがきが適当だったり、糖質の多い食生活を送ったりすると虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。

細菌が作り出すネバネバとした物体を「歯垢(プラーク)」と呼びますが、歯垢の中には1mg中約10億個もの細菌が潜んでいるとされ、なかでも歯周病の原因菌が多く棲み着いています。

歯垢は粘性が強く、うがいや軽いブラッシングではなかなか落とし切ることができません。歯垢をそのままにしておくと「歯石」という固い物質に変化しますが、こうなると歯科医院で専門のクリーニングを受けないと除去することはできません。

まずは歯垢を溜めない生活を送ること。毎日の歯みがきで汚れをしっかり落とし切り、歯垢や歯石をそのまま放置しないことが大切です。

歯周病になりやすい生活習慣とは?

毎日の歯みがきが適当!

毎日の歯みがきが適当!

歯周病を防ぐためには、歯垢をしっかりと落とす必要があります。重要なのは回数や頻度ではなく、ブラッシングの「精度」です。完璧なみがき方さえ身につければ、1日に1回程度の歯みがきでも歯周病を十分予防できるでしょう。とはいえ、歯みがきで歯垢をすべて取り除こうとするのは、現実的ではありません。そこで当院では、正しいブラッシング方法を身につけていただいた上で、1日2回の歯みがきをおすすめしております。

歯みがきにはさまざまな方法がありますが、大切なのは一人ひとりの「歯並び」や「癖」を考慮した適切なみがき方を身につけることです。当院では歯垢の染め出しによってみがき残しが多い部分を把握し、患者さん一人ひとりに最適なブラッシング方法をお伝えいたします。

なかよし歯科医院の予防処置についてはこちら

歯並びが乱れている……

歯並びが乱れている……

歯並びが乱れている部分は歯ブラシの先端が届きにくく、みがき残しができやすくなってしまいます。

細菌の塊である歯垢は、歯と歯の間や歯ぐきの境目に溜まりやすい傾向があります。歯並びがデコボコしていると歯垢の「溜まり場」ができてしまい、歯周病になりやすい環境をつくりだしてしまうのです。ご自身の歯並びに合った磨き方を習得したり、または矯正治療などで歯並び自体を治してしまうのも一つです。

なかよし歯科医院の矯正治療についてはこちら

喫煙

喫煙

日本臨床歯周病学会の発表によると、1日10本以上喫煙する方は、歯周病リスクが通常の5.4倍に上昇してしまうそうです。また、10年以上の喫煙歴がある方は4.3倍に上昇し、歯周病が重症化しやすくなることもわかっています。

また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素は歯周組織への酸素供給を妨げますし、ニコチンは白血球の働きを弱め、毛細血管を収縮させるといった悪影響を及ぼします。すると、歯を抜いた後の回復が遅くなる、術後の経過が思わしくなくなるといった状況を招く原因にもなりかねません。

歯周病リスクは、受動喫煙によっても高まることがわかっています。お口や全身の健康のためにも、喫煙はほどほどに楽しみましょう。

遺伝

遺伝

なかには遺伝的に、生まれつき歯周病になりやすい方もいらっしゃいます。たとえば歯周病は風邪やインフルエンザと同じ感染症の一種なので、免疫力が低下していると発症リスクが高まります。つまり、生まれつき免疫力が低い遺伝子をお持ちの方は、一般的な方と比べて歯周病になりやすい体質といえるのです。また、遺伝的因子が影響するとされる糖尿病や白血病も、歯周病と密接な関わりがあることがわかっています。

歯周病そのものが遺伝するわけではないものの、遺伝的性質と歯周病はけっして無関係ではありません。ご両親のどちらかが重度の歯周病や糖尿病を患っている方は、ご自身も歯周病リスクが高いケースがあります。

歯周病の症状と治療法

軽度の歯周病

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状

症状

処置・治療

歯みがき指導

歯みがき指導

スケーリング

スケーリング

歯ぐきに軽い炎症が起こり、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が少し深くなっている状態です。歯みがき中に出血を伴うこともありますが、痛みはほとんどありません。 歯周病を予防するには、毎日の歯みがきが欠かせません。患者さん一人ひとりのお口の状態や歯並び、みがき癖などに合わせて、最適なブラッシング方法を指導いたします。 「スケーラー」という器具を用いて、歯みがきだけでは落としきれない歯垢(プラーク)や歯石を取り除きます。
中等度の歯周病

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状

症状

処置・治療

ルートプレーニング

ルートプレーニング

フラップ手術

フラップ手術

歯ぐきの炎症が進行し、歯を支える顎の骨にまで達している状態です。歯周ポケットも深くなり、出血もみられます。また、歯のグラつきや、歯が浮く感じ、口臭の変化が現れることもあります。 「キュレット」という器具を用いて、歯ぐきの奥に付着した歯垢や歯石を除去してなめらかに仕上げます。 局所麻酔を施した後に歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着した歯垢や歯石を除去します。同時に歯周病に感染した組織も取り除き、縫合を行います。
重度の歯周病

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状

症状

処置・治療

GTR法

GTR法

エムドゲイン

エムドゲイン

歯を支えている顎の骨が半分以上溶け、歯がグラついている状態です。歯肉から膿が出て、口臭がさらに悪化していきます。さらに進行すると、歯がポロッと抜け落ちてしまうこともあります。 歯肉を切開し、特殊な膜を挿入することで歯肉の侵入を防ぎ、歯周組織の再生を促す治療法です。膜は再生後に取り除きます。 歯周組織を再生するための治療法です。感染した組織を切除した後、「歯周組織再生誘導剤(エムドゲインゲル)」を塗布し、歯肉を縫合します。

歯周病を予防し、治療後の良い状態を保つためには「予防歯科」の考え方が重要です。当院では予防歯科にも力を入れておりますので、お気軽にご相談ください。